女性が落ち込んでいるとき、弱っているときに使えるLINEメッセージとは?

突然ですが、あなたは、女性にどうやって心配している意思を伝えていますか?
ネガティブな言葉を使うLINEは送らないことが基本ですが、これは逆に言うとポジティブな言葉を使うことが大切です。
相手が凹んでいるときに、あなたまでネガティブになってしまって相手に何の励ましも出来なかった場合は、女性から今後相談されたり頼りにされる事はないでしょう。

例えば、彼女から相談メッセージが届いたとしましょう。
「私、最近仕事で自信なくしちゃってちょっと凹んでるんだよね・・・」
こういった内容のLINEが届いたとしましょう。
こんな時に「そっか~大変なんだね・・・俺も実はさ・・・」
なんて、こんな返事を返していませんか?

これでは「私の話はどこにいったの?」「女性はこの人は私の話を聞いてくれない!!」とこんな風に考えます。
でも、次のようなメッセージを送ると相手はあなたにドキドキして意識します。
それは「そっか、大丈夫?今からで良かったらそっち行こうか?」です。
君が心配だよ!!というのがひしひしと伝わります。
そして、女性は心配されることに喜びを感じます。

「この人なら私の事を守ってくれるかも!!」と感じさせることが出来れば彼女はあなたを男性として意識してくれます。

「君の事は守るよ」と言葉には出さなくても、遠回しに伝えることが大事なのです。

女性は、あなたが思っているよりもずっと単純なのです。
あなたの気持ちを、そのまま相手に伝えると「会いたい」「モノにしたい」という表現になってしまいますが、それを変化球で現すと「そっち行こうか?」という自分が相手を守ってあげるということを遠回しにいった言葉になるのです。
こうする事で、彼女にあなたの気持ちが伝わりやすくなります。
彼女が落ち込んだり悩んだりしているときに使って下さい。


女性を会いたいという気持ちにさせる洗脳テクニックとは?

まずは相手に次のようなメッセージを送りましょう。
「最近○○○さんと居ると何か落ち着くんだよね」
話の流れで言ってしまえば自然ですし、あなたが唐突に言ったとしてもインパクトが出来て女性の中で鮮明に残ります。

LINEの流れで自然と言ってしまえば彼女は「確かに、私も落ち着くかも」と考え、あなたがこういったメールを2,3回彼女に送れば彼女は完全にあなたと居ると落ち着くと言った気持ちにシフトされます。

では、このようなLINEを不意に送ったときの彼女の気持ちは「え?いきなりどうしたんだろう?でも、落ち着くって・・・確かに」となぜか納得してしまいます。

人間というのは不思議なもので、本当に以心伝心というものがあるのです。
あなたが彼女を好きなら、彼女があなたを好きになる可能性としては十分すぎるほどあります。
彼女が確かにあなたといると落ち着くと感じるようになるのには、この落ち着くLINEを2度か3度送ってからと書きましたが、その後彼女の気持ちを「安心感」に変える必要があります。
安心感を与えるメッセージは、先ほどの落ち着くんだよねの部分を「安心するんだよね」に変換するだけで構いません。
そして同じように2度、3度繰り返します。

焦りは禁物です。
彼女をゆっくりと洗脳していくのです。
一つの工程を終えるのに、大体2週間くらいです。
彼女の気持ちが完全にシフトされたと感じたら次の工程に移ってくれて構いません。
落ち着く=安心感=一緒にいたい=会いたい】の工程に従って言葉を当てはめて洗脳していきましょう。

一緒にいたいの雛形としては、こちらをお使い下さい。
「何か、○○○さんと一緒に居たい」

会いたいの雛形としては、こちらをお使い下さい。
「○○○さん、会いません?」

これを雛形にして工程に沿って、LINEを送りましょう。
大切なのは洗脳です。



女性がオッケーしてくれるLINEでのデートの誘い方とは?

「何してる?今日仕事でいい事あって・・・一杯飲み行きません?笑」
こう送りましょう。
このメッセージの利点分かりますか?

「今日いいことあって・・・」
まず、こう言う事で彼女にあなたの仕事に対する姿勢が伝わります。
もし、ここで送ったメッセージが「何してる?今日仕事でいやな事あって・・・一杯飲まない?」といったメッセージを送ってしまうと、ネガティブなメッセージとなり彼女の中でこのメッセージは無かったことになってしまいます。

どんなに優しい女性で、返信があったとしても
「大丈夫?ごめん、今日忙しいんだよね」
こういった返信しか来ないでしょう。

そして、仕事の弱音をLINEで吐くのは止めましょう。
なぜなら、やりとりの画面に残ってしまいます。
残ると言う事は、見返そうとすればいつだって見返すことが出来るという事です。
あなたの印象は、ネガティブな男性、頼りない男性、仕事の出来ない男性となってしまうのです。
そうならないためにも、誘いのLINEは「今日いいことがあったから」というのを前提で、あくまであなたが主役になるのです。
彼女には、付き添い程度の感覚で来てもらうことが大切です。
誘いのLINEはノリが軽ければ軽いほど、あなたが主体なほど女性はフラットに受け止めOKしやすいのです。

LINEの文面で彼女とどうしても行きたい!!!という気持ちが伝わっては、彼女もあなたの必死さや気持ちを重く受け止め逃げたくなってしまうのです。
「俺は誰でもいいんだけどね」くらいの気持ちでメッセージを送信してみましょう。
あくまで、フラットに。
あくまで、自分が主体です。
この2点を意識して誘えば、女性はOKしてくれますので挑戦して下さいね

サブコンテンツ

このページの先頭へ