ナンパで地蔵にならないためのたった2つの鉄板ルール

ここまで言っても、どうしても、女性に声を掛けることが出来ない人。
たぶん、いると思います。
そういう人のために鉄板ルールを2つご紹介しますね。

地蔵にならない鉄板ルール、その1
『止まらない』
これはヒデさんから教えてもらったんですが、人間は一度止まってしまうと、ふたたび動き出すのに、エネルギーを必要とします。
車って、走り続けていれば、ちょっとのエネルギーで済むところを、一度止まってしまうと、それを動かす時のエネルギーが大変じゃないですか。
ギアを一足から入れ直しますよね。

あれと全く同じで、とにかく1度止まってしまうと、そもそも『動く』ということだけでエネルギーを消費するんで、その時点でもう、『声を掛ける』というエネルギーが残らないんです。
だから、ナンパで地蔵になる人の動きってみんな同じじゃないですか。
ず~っと同じところに居て、女性を物色して、
「よし! あのコに行こう!!」
って決めて、2,3歩歩いて、そこで終わり。
そこでエネルギーが切れちゃうんです。

だから、ナンパの時、とにかく止まらないでください。
止まったら、地蔵決定です。


地蔵にならない鉄板ルール、その2
「3秒ルール」というのを聞いたことあるでしょうか。
諸説あって、女性を見て、声をかけると

決めたら頭のなかで「1、2、3」って数える間に声をかけるとか、女性を見て、3秒以内に声をかけられなかったら、その自分を許すとか、女性を見てから3秒以内に、行くか行かないかと決めるとか、実際、どれが正しいのか分からないんですが、ナンパにおける「時間」の感覚がよく出ていて面白いなって思います。

たしかに、ナンパって1秒とか2秒とか、3秒とかそういう区切りで物事も考える世界です。
で、今回ここで新たに提唱したいのが『1秒ルール』

女性を見て、「綺麗だ・可愛い」と感じた瞬間から『1秒以内に声を掛ける』です。

実際には、自分と女性との物理的な距離があるんで、必ず1秒厳守というのは難しいかもしれませんが、でも、メンタルセット的には『1秒』です。
なぜ『1秒』なのかというと、
「綺麗だ、可愛い」
と思ってから
「声をかけるまで」
の時間、ほんの僅かでも、『思考』を差し込んではいけないから、です。


地蔵となって動けない人は、この一瞬に『思考』を差し込んでしまいます。
「綺麗だ、可愛い」

「声をかける」
なら、地蔵にならずに済むのに、
「綺麗だ、可愛い」

「でも冷たそう」
「今のオレには綺麗すぎる」
「よく見るとたいしたことない」
「若すぎる」
「歳上すぎる」
「忙しそう」
「歩くの早いな」
「ムシされたらやだな」




余計な感情と想像が膨らみ、気がつくともう声をかけるタイミングを失っている
これが典型的な地蔵パターンです。

結局のところ、
「綺麗だ、可愛い」
と思った瞬間から、考えれば考えるほど無意味な想像は膨らみ、足も気持ちも重たくなるばかりです。
考えるのは声をかけてからそれまでは一瞬でも考えちゃダメ。
考えたら、負けです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ