断られることなく美女をデートに誘い失敗することなく2回目のデートにつなげる方法

『S 級女性』を口説く為には、一般的な口説く手順と同じで、デートを行います。
しかし、普通のデートをしていては、他の男性とは差別化をすることが出来ません。
如何に『S 級女性』に対して、深い印象を与えるかというところがポイントになります。

まず、デートを2 人きりでするためには、当然ですが、デートに誘う必要があります。
デートを誘う場合、注意しなければいけないポイントがあります。
まず、『S 級女性』の特徴でもお話をしましたが、『S 級女性』であるが故に、今までに下心満載な男性から何度もデートに誘われています。

女性は下心という感情の部分に関してはかなり敏感に感じ取ることが出来る生き物です。
自分の身を自分で守るための防衛本能をしっかり持っています。
特に、『S 級女性たち』はこの感覚がかなり発達しています。

少しでも彼女達に下心を察知されてしまえば、デートに誘っても何かの理由をつけられて断られてしまいます。
凄く簡単なことですが、あなたが友人と対面で話をしているとします。
対面で話しているので、目線は当然あなたの方を見ています。

しかし、ある瞬間にあなたの後ろを見るように目線が移動したとします。
するとあなたは何があったのかなと後が気になるはずです。
この時、あなたは目線が動いたという現象から通常と比較し、違うポイントに違和感を感じ、何故目線が自分の後ろに動いたのかという答えを探そうとします。

これと同じように、女性は男性の下心を感じ取ることが出来ます。
ちなみに、あなたが女性と対面になった時、チラっとちょっとでも胸を見たとします。
はい!
今、あなたが女性の胸を見たことを女性ははっきりとわかっています。
これだけで、あなたに下心があるということがバレてしまいます。


気をつけて下さい。

それでは、S 級女性を口説くための流れをお話します。
ステップ1 : リサーチ期間
ステップ2 : 1回目のデートに誘う
ステップ3 : 2回目のデートに誘う
ステップ4 : 口説く
という流れになります。

A 級以上を口説く際に、彼女達には『こだわりポイント』があるために、確実に口説く為にはステップ1の「リサーチ期間」が必要になります。
『こだわりポイント』のNG 部分にあなたが該当してしまうと、一気に恋愛対象とはならなくなってしまいます。
この条項を回避しながら攻略をしなければいけないのがA 級以上です。



女性の好みの男性を下心を見せずに調べる方法

A 級以上の女性を口説く為には、友人関係からアプローチをしなければいけません。
理由はお話をしましたが、A 級以上は自分の許容内に入っていない男性は恋愛対象から妥協をせずに切り捨てるからです。
そのため、リサーチ期間を用意して友人としての機関の間に、
・『ニッチポイント』のリサーチ

を行います。


『ニッチポイント』のリサーチについて
『ニッチポイント』は視覚的効果のある印象を与えるものです。
そもそも、S 級女性を口説く際に何故『ニッチポイント』が存在するのか?
A 級以上は妥協をしないとお伝えしました。

しかし、『ニッチポイント』に該当する部分を持っている男性であれば、多少他のことが『こだわりポイント』においてNG な要素を持っている男性であったとしても多少は妥協してしまいます。
このポイントに該当するだけで、相当の効果を発揮するワープゾーンみたいなものとイメージして下さい。

一般女性であれば、『ニッチポイント』に「イケメン」などが該当してきますが、S 級女性については「イケメン」という要素が『ニッチポイント』になりうることはかなり少なくなります。

『ニッチポイント』の見つけ方については2 つのポイントをリサーチします。
・心底好きなものや好きなことを調べる
・どのようなタイプか調べる

いきなり好きなことを直接聞いてはNG です。

ここでリサーチの為に質問の方法をお話しておきます。


派生で質問をする
まず、大人数でお酒を飲んでいたりする場所を利用します。
その際に、話の中心を質問したいターゲット以外の人との会話を行います。
そして、ターゲット以外の人と質問したい内容の会話を行います。

ターゲットをA さんとします。
A さんの好みの男性を聞きたいという場合に、直接「A さんの好きな男性のタイプはどんな男性なの?」と聞いてはNG です。
A さん以外のB さんに対して「好みの男性のタイプ」の質問を行います。

この会話の中にA さんを巻き込むことで、直接質問をしていないで、会話の流れで質問をすることが出来ます。
あなたが直接A さんに質問をすると、あなたがA さんに対して質問した内容に興味を持っているという印象を与えてしまいます。
しかし、派生で質問をすることで、あなたが質問に対して何か意図的に質問をして調べているという印象を与えることなくリサーチを行うことが出来ます。




下心を見せずにデートをするために必要な二つの視点

A 級以上をデートに誘う為には絶対的に見せてはいけないものがあります。
それは、「下心」です。
A 級以上の女性は、奇麗であるが故に常に男性から性的な目線で見られています。

ですから、男性が下心がありながら誘っているのかどうかについては、かなり敏感に感じ取ることが出来てしまいます。
しかし、下心がないデートへの誘い方とは言え、デート自体が口説きたいという下心の現れです。
普通に食事に誘うだけでも下心があると感じ取られてしまいます。
これは、例え食事だけ誘うという場合でも、正面から誘うことで、
相手に男と女をイメージさせてしまう
と、これだけで下心につながってしまいます。
残念なことに、デートへ誘う一般的な全ての理由では、このイメージを与えてしまいます。

このイメージが出てしまう根本的な原因を排除することで、相手に男と女の関係のイメージを与えることなく誘うことが出来ます。
そのためのポイントが
・緊急性
・限定性
・重要性
の3 つです。

この3つを利用して誘うことでOK をもらいやすくさせるためのテクニックです。
女性が納得できる理由をこちらから用意をしてあげることでOK をさせています。

では、一般的に男性が女性を誘うとき何が原因で下心があると感じさせてしまっているのか。
その原因は、男女の関係を対価に誘っているということです。

結局のところ、最終的には男性は付き合いたいという想いからデートに誘うのは当然なことです。
それ以外の理由などないはずです。

ですから、
【 対等の関係を作り、対価が男女の関係ではないものを用意する 】
という理由作りでデートに誘います。

その方法として、
ニッチ、レアな理由を利用する
という方法です。
この時に、ニッチ・レアな理由の中で、困っているもしくは、求められているポイントを攻めていきます。
例えばどのような理由かをお話します。


レアな理由例
ブランド物の特別顧客専用の特別セールなどがあります。
これはかなり大きな会場(東京であれば幕張など)で、招待状がなければ入れないようなセールです。
女性が好きなブランドの特別セールがあれば、セールへ誘うという理由で2 人の時間を作ることが出来ます。
誘える理由があまり日常では手に入らないレアな情報を使い、ターゲットの女性を誘うという方法です。
レアな理由ということで、目的が男女関係という理由ではなくなります。


ニッチな理由例
ニッチな理由で誘う方法が一番多くなります。
レアな理由では理由とする情報がレアなだけに、頻度が少なくなるからです。
女性が最近スロットにハマっていて、目押しが出来ないと困っている。
あなたはスロットをしていた経験があり、目押しは簡単に出来る。

例としてこの場合、会社の同僚の女性がターゲットであれば、会社帰りにストッロに一緒に行き目押しのコツを教えてあげます。
ただし、ここに一つの条件を用意します。
教えたら直ぐに自分は帰る
という条件です。

すると、一緒にスロットに行くという理由がありながら、あなたが帰るという条件を用意することで、対価として男女関係を求めている誘いではなくなります。

このように、ニッチとは、女性がハマっていることや、大好きなことを2 人の時間を作る理由として利用します。
他の例もご紹介しておきます。

女性がホームページ制作の部署におり、サイト制作がかなり好きであれば、サイトを作ったものをチェックしてもらったり、作り方を教えてもらうという理由を利用します。
女性がゲーム好きでモンハンにハマっている場合。
なかなか手に入れることが出来ないアイテムをとるための手伝いをしてあげるという理由を利用します。

1 回目のデートに誘う理由は対価として男女の関係をイメージさせないことで、2 人だけの時間を作ることを行います。
ここで重要なのは2 人になれる時間を作るということです。

例で紹介したスロットでも「帰るから」という条件をだしていますが、これはその場だけの条件です。
実際には、スロットを一緒にやってしまえば、勝手に自分が楽しくなって遊んでしまったという理由を付けてしまえば帰らなくてもよくなります。
その後、会社帰りであれば、食事に行くことも可能です。

もしあなたがスロットに勝てば、
「せっかく勝ったし、これでちょっと軽く飲みに行こうか!奢るよ」
と一言言えば勝ったお金で遊ぶというまた別の理由で2 人の時間を作ることが出来ます。

2 人の時間を作ることが出来たら、この時に必ず行う行動があります。
この行動で、ターゲットに対して男性としてのアプローチを行います。
ただし、ここではまだ男女の関係になりたいという下心を見せる恋愛的要素を出しません。
あくまでも、人間としても内面的なアプローチを行います。




1回目のデートで素敵なサプライズを演出する方法

これは何をするのかというと、男性としての魅力をイメージ付けるという作業を行います。
また、サプライズを演出するというのは、
「この人と一緒にいるとたのしいかも」
という感情を植え付けさせるためです。


初めは友人関係からスタートさせているため、恋愛感情へ誘導していくためにはステップを踏んでいく必要があります。
ここで言うサプライズというのは、何十万円もかけた一大イベントのようなサプライズを演出するというものではありません。
凄く簡単なサプライズです。

行うべきサプライズというのは、
言ったことを直ぐに実現させる
というサプライズです。

ちょっとした有言実行をするだけでサプライズを演出することが出来ます。
例を挙げてみましょう。
東京タワーの見えるバーなどで食事をしているとします。
ここで、「東京タワー凄く奇麗だね。」という内容の会話をします。

「ここから見える東京タワーも奇麗だけど、真下から見たら迫力もあってもっと奇麗に見えそうだよね」
という何かしたらもっと良くなるという妄想が出来る会話を仕掛けます。

「うん。奇麗かも!」
という返事が返ってきます。
ここでサプライズです。
「じゃあ、見に行ってみようか!」
という流れでお店を出て、タクシーで直行します。
すると、さっき言った言葉を実行するということが演出することが出来ます。

これには、有言実行を演出して男としての魅力をアピールするだけではなく、もう一つ女性に対してサプライズを利用した心理操作を行っています。
それは、【 振り回している 】ということです。

有無を言わさず、あなたの言った言葉に対して、言うことを聞かせることが出来ています。
この行動は、理由付けをしているのですが、『力強さ』や『強引さ』など印象を与えています。
更に、相手は奇麗な景色を見るという理由があるにせよ、突発で行動をされ、その行動に連れて行かれたという事実が、自由を奪っている結果となります。
これが心理的に作用をし、ドキドキ感につながり、高揚して楽しんでいる気持ちを増幅させることが出来ます。

最後に重要なのが、
帰り方
です。
ここで、何かを期待してズルズルと終電まで遊ぶというのはNG です。

ポイントは、楽しんだらすぐに帰る
という選択をします。

人間は楽しいことが続き、サプライズを演出して女性が楽しんでいる姿を見ると、ついもっと一緒に居たいという欲求が芽生えてきます。

ここで振り返ってみて下さい。
初めに誘った理由は、下心がない誘い方をしています。
1 回目のデートでは、初志貫徹で恋愛関係になるという対価を求める行動は一切考えてはいけません。
目的は、『楽しませる』ということです。

一般の女性であればここから直ぐに恋愛スパイスをかけて、恋愛モードにさせ、手を繋いだりしてスイッチを入れていきます。
B 級以下の女性はこの行動を受け入れることが出来るように上手く妥協をすることが出来るのですが、A 級以上はここでは妥協はしません。
ここで、下手に警戒心を与え、壁を作られてしまうと、次回からの誘いが全て下心有りの誘いだと思われてしまいます。
逆に、ここで何もなければ、次回の誘いも下心がないと安心して女性は誘いにOK をくれる心理状態にすることが出来ます。


下心がある男性は、A 級以上の女性にとっては敵であり、下心がない(正確にはここでは下心を見せない)男性は味方という存在にすることが出来ます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ