LINEで相手の状況を見極めて適切なタイミングでメッセージを送るには?

ここでは、LINEで分かる女性の見極め方についてお話していきます。
その見極める期間は3日間です。

では、3日間のうちにどのように見極めていくかです。
色んなタイプがいますが、1日の生活のサイクルというのは、人間というのは大体決まっているものです。
できるだけ相手の状況に合わせてLINEをしてあげるのが大事です。
つまり、相手を見極めて相手に合わせるということをしていくことが重要なのです。

また、LINEのやりとりをしていく中でいくつか特徴をつかめると思います。
例えば、短文で頻繁にやりとりをする女性、長文で完結にLINEを送ってくる女性、LINEでのやりとりは適当にする女性などです。
どれもまた、相手を見極めて相手と自然なやりとりができるようにすることが大切です。

例えば、短文で頻繁にやりとりをする女性とLINEのやりとりをしているとします。
それなのに、あなたは長文で相手に送るとどうなるでしょうか。
テンポよくLINEのやりとりが出来なくなるのです。
その上、短文で頻繁にやりとりをする女性とはいうのはLINEのリアルタイムという特性をよく理解して、それを楽しんでいるからです。

それを一緒に楽しむことができないようなLINEのやりとりをしてしまうと相手は「なんだかLINEのやりとりがしづらくて楽しくない」と思って相手からのLINEがなくなっていくのです。

他にも、長文でひとつひとつを完結にLINEを送ってくる女性とLINEのやりとりをしているとします。
それなのに、あなたは短文で頻繁に相手に送るとどうなるでしょうか。
まず、相手は長文を書くのに時間がかかります。
しかし、短文で頻繁に相手に送る場合は短文なので時間はあまりかかりません。
そして、二人の会話がかみ合わないまま、やりとりがどんどん進んでいってしまうのです。
そうすると、どんどんやりとりが進んでどんどん会話がかみ合わなくなってしまうので、相手は
「LINEのやりとりがうまくできないし、頻繁に文章を送ってこられると、まるで私の話を聞かないみたい」
と思ってしまうのです。

また、LINEでのやりとりは適当にする女性とLINEでやりとりする場合にも、あなたがいきなり重い悩みや暗くてネガティブになるような話を送っていたらどうでしょうか。
LINEでのやりとりは適当にする女性は、LINEのリアルタイムでの気軽さや手軽さを楽しんでいるのに、それが楽しめなくなってしまうのです。
いかがでしょうか。
相手を見極めて相手に合わせてやりとりすることをぜひ意識してください。



LINE依存だと思われると悪いイメージがつくので注意

ここまで、LINEについて沢山お話してきましたが、大切なことがあります。
それは、相手にLINE依存だと思われないようにすることです。
もし、LINE依存をしている男性だと思われたらどうなるでしょうか。
LINEで何かを自分で発信したら、すぐに返事が返ってくる、といった都合の良い男になってしまうからです。

また、LINE依存、つまりSNS依存をしているというイメージはあまりよくありません。
SNS依存しているということは、SNSに没頭しすぎるあまり、限界が分からなくなるとか、時刻の感覚がなかったり、邪魔されるのが我慢できなくなるなどといったイメージがつきます。
LINEを駆使していくならば、LINE依存だと相手に思わせないようにテクニックを使いながらやる必要があるのです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ