S級美女と一般女性の違いは?特別に可愛い女の子へのアプローチで失敗しない方法

それでは実際にS 級女性を口説くためのテクニックを伝授していきます。
まず、認識をしていて頂かなければいけないことがあります。
S 級女性を口説く為には0か1
とういことです。

これはどういうことかと言うと、
S 級女性は恋愛対象とならないNG 男性は切り捨てる
という特性があります。

なのでS 級女性を口説くためには『ニッチポイント』を利用する必要があります。
その際に、「友人関係からアプローチする」とお伝えしました。
このアプローチをしなければ完全に切り捨ての対象となってしまう危険性があるからです。


『S 級女性』には絶対的なNG 領域というのがあります。
これは個人によって違います。
極端なことですが、太っている人は絶対に受け付けないという感じです。

一般女性の場合、『妥協』というポイントがあります。
普段の生活の中で恋愛に対して『S 級女性』程余裕はありません。
一つ一つの限られた出会いの中で恋愛対象を見つけなければいけません。

しかし、『S 級女性』はちょっと頑張ればB 級以上の男性をモノにすることが出来るという意識があります。
ですから、絶対的な『こだわりポイント』が存在します。
この地雷を踏んで、一発で恋愛対象から外れてしまうことを避けるために、「友人関係からアプローチ」をする必要があります。
この間に、『S 級女性』のNG ポイントを見極め、更に惚れさせていくための、『ニッチポイント』を見つけていきます。

それでは、まず、『こだわりポイント』についてお話をしていきます。



最低限のレベルをクリアすればハゲ ・デブ ・チビでも美女と付き合える

この『こだわりポイント』は、かなりの曲者です。
『S 級女性』は恋愛に対する余裕があるため、妥協する部分があまりません。
ただし、この『こだわりポイント』のチェックが入るタイミングは、知り合った直後ではありません。
あなたを妄想の中で少しでも恋愛対象になりうるのか?ということを考えた時点からチェックが入ります。
ですから、友人という立場からアプローチを行い、ターゲットの女性の『こだわりポイント』がどこなのかをチェックを行います。

その前に重要な事を一つお伝えします。
『S 級女性』を口説く為には・・・

最低限のレベルをクリアしているだけで大丈夫です。
実際には、ターゲットとなる S 級女性の許容内に収まっていればいいだけです。

では、最低限のレベルとは『服装』です。
お洒落になれという訳ではありません。
いきなりお洒落になって下さいと言っても、簡単になれるものではありません。

ただ、最低限の清潔感や、統一感などを整えておく必要があります。
パッと見た印象が、明らかに服装に無頓着であると思わせてしまうと確実に恋愛対象から外れてしまいます。
ここでの最低レベルは『服装』です。
顔のブサイクさなどは一切関係ないというところがポイントです。
というのも、一般的に恋愛の対象とされる男のモテない三大要素である、
・ハゲ
・デブ
・チビ
という要素は、『S 級女性』を口説く際には一切マイナスの要因になるということがありません。

逆に、『S 級女性』の中には、モテない三大要素を持っている男性が好みだという女性すら存在します。

彼女達の中で、この三大要素や不細工な顔というのが、「かわいい」というイメージに変換されたりします。
この最低限をクリアするというのは、今まで一切服装に無頓着であった男性であれば、一体なにから改善をしたらいいのかがわからないはずです。
特に、色の選び方や、シルエットなどなどの細かいところのセンスを磨くには一瞬でという訳にはいきません。まずは服屋に行き、マネキンをよく観察してそれを真似するようにしましょう。母親に服を買ってもらっているとかはだめですよ。




S級美女を口説くテクニック

『S 級女性』を口説く際に、一発逆転が出来てしまうのが『ニッチポイント』 です。す。
何度も言いますが、『S 級女性』は恋愛に対して余裕を持っています。
ですからB 級以下の女性を口説くテクニックとは違ってきます。

一般的な恋愛テクニックは感情を揺さぶるというアクションを行いますが、『S 級女性』の場合は、【ピンポイントな感情を刺激する】というアクションを行います。

では、ニッチポイントとはどんなものなのか。
視覚的効果のある超インパクトのなる印象
です。

一番簡単な実例を紹介します。
外見がちょっと怖い男性が連れている女性は『S 級女性』が多くないですか?
もう少し言うと、中学・高校時代に不良が付き合っていた子は学年でNo.1 クラスの女の子ではなかったですか?

これは、視覚的効果のある『怖い』という印象のインパクトが作用しているからです。
これは実際に怖い人でなくても問題はありません。
強烈なインパクトを与えるということがポイントです。

インパクトの与えるものは『怖い』だけではありません。
他にも視覚的効果のある強い印象を与えることが出来るのであれば何でもかまいません。

例えば・・・
・坊主
・奇妙な動き
・オーラ的なもの

等があります。

この効果は視覚から印象を与え、記憶に残させることが重要です。
その後に発生する「感情」はどんなものでも構いません。
「怖そう」「面白そう」「なんか変」「気持ち悪い」「何か凄そう」

このニッチポイントを刺激することで、恋愛に発展させるための、心の底に根付く、感情を絡めた印象を与えていきます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ