どうやったらS級美女の女性と出会うことができるの?

ここでは、あなたがS 級女性と出会う方法をご紹介します。
実は、『出会い』というテーマは100%の男性が知りたいという情報です。
しかも、知り合う女性が『S 級女性』であればある程、情報の価値は計り知れないものであると言えます。

正直、こんな前置きはいらない!と思われているかも知れません。
しかし!
『S 級女性』と出会うためには一つ知っておくべきことがあります。
S級女性はS 級女性同士が集まる』ということです。

類は友を呼ぶではないですが、S 級女性はS 級女性同士が集まる傾向になります。
というのも、『S 級女性』にもS 級女性特有の悩みがあり、同じ悩みを持つ同士必然的に集まるということです。
これは、女性特有なことでもあるのですが、S 級女性であれば当然友人から、
「○○ちゃんは奇麗だし・・・」
『奇麗だからこそ周囲からの嫉妬を招く』
など、外見が奇麗だから何も悩まなくていいよね、などとたった一言で片づけられたり、最悪な時にはイジメの対象とまでに発展しがちです。

これらは『S 級女性』であるが故に持ちあわせてしまう代表的な悩みです。
ですから、同じ悩みを持つ『S 級女性』同士が集まります。
MIXI などを見て頂ければわかりますが、プロフィールを見て「この人奇麗だ!」と思った女性のマイミクを見ると、奇麗な女性が多いです。
また、幹事がS 級女性である合コンは、参加した女性をランキング付けたとしても、最低の女性でもA 級であることは多々あります。
これは、S 級女性の友達はS 級女性が多いという証拠であります。

女性の特性として、
「合コン・飲み会には自分よりも可愛い・奇麗な友達を呼ばない」
というのがありますが、幹事がS 級女性であれば、仮に自分よりもランクの低い友人を読んだとしても、通常では考えられないS 級女性ばかりが参加する合コンにならざるを得ません。

それではこれから『S 級女性と出会う方法』をお話してきます。




イベントでS級美女と出会う方法

あなたが日常生活をしていて、『S 級女性』と出会うという場合、どんな状況が考えられるでしょうか。

例えば・・・
仕事の取引先の受付嬢
街中を歩いてすれ違う女性
実は、考えても『S 級女性』と出会うきっかけになる状況というのはほとんど皆無と言っていいかもしれません。
もちろん、仕事の関係上、女性と関わることが多い職業もなくはありません。

しかし、今から「転職をして下さい」と言うつもりはありません。
ただ、どんなに考えても『S 級女性』と出会える場所というのは想像がつかないのが普通です。
ただでさえ、出会いがないと悩んでいる状況で更に限定性を追加して『S 級女性』に絞った出会いなど見つけられるはずがありません。

そこで、まずは簡単に『S 級女性が集まる場所』に参加してS 級女性と出会いを確保する方法をお話します。
『S 級女性が集まる場所』というのは、ある共通点があります。

それは・・・
【 イベント 】
です。
『S 級女性』にターゲットを絞って出会いを見つけるという方法ではなく、効率を考え、『S 級女性が集まってくる場所』にあなたが足を運ぶことで出会いを作ります。

これは、直接女性と出会う方法としては一番効率のいい方法です。
イベントと一言で言ってもいろいろあります。
私がS 級女性と出会うために利用している場所というのは、
・季節行事
・パーティー

です。
この2 つにはS 級女性が勝手に参加してくるものがあります。

普段、日常生活で接点のない女性たちでも、第三者が用意したイベントに参加してくる『S 級女性』をターゲットにします。
『S 級女性』とはいえ、一人の人間です。
それぞれの人生を楽しみたいと考えるのは当然のことです。
特に、季節行事であれば、普段表に出てこないS 級女性も参加しやすいというメリットがあります。
普段大人しいS 級女性や、あまり人脈が少ないS 級女性の場合は特にチャンスです。

季節行事というのは、
・花見
・海、バーベキュー、アウトドア系
・ハロウィン
・クリスマス
・正月、カウントダウン
・日本代表の試合など
などが挙げられます。

普段表に出てこないS 級女性の場合、このようなイベントの際には、友人に連れられて表に出てきます。
この場合、あなたの生活サイクルでは全く接点がないS 級女性とでも、イベントという機会を利用して出会うチャンスを掴むことが出来ます。

次に、リアルで出会う方法である「パーティー」についてです。
「パーティー」と言っても、いろいろあるのですが、S 級女性が確実に参加している「パーティー」があります。
・ハイステータス(高額)パーティー
・芸能系パーティー

です。

まず、パーティーを主催する場合の主催者側の立場で考えてみます。
ハイステータス系のパーティーであれば、男性の参加費が当然10,000 円前後である場合がほとんどです。
パーティーによっては女性も参加費を支払っていますが、1 円でも女性がお金を支払ってパーティーに参加しているのであればチャンスです。
主催者としては、利益を出したいと考えるのは当然です。

すると、男性を一人でも多く参加させたいと考えます。
そのためには、『S 級女性』が沢山参加しているパーティーであれば、必然的に男性は「当たりのパーティー」と感じます。
すると、次回のパーティーにも『S 級女性』が参加するかもという考えが生まれるため、リピート率が上がります。
ということは、主催者側がS 級女性を集めることが出来れば利益も上がると考えるのはごく普通のビジネスです。

そのために昔のお見合いパーティーなどではサクラがいたりしました。
しかし、今ではサクラを使っているパーティーは、参加する男性も賢くなっているので、運営をすることが難しい状況です。
もちろん、S 級女性を呼ぶために参加費をタダにしている場合もありますが、サクラのように一切興味がないという訳ではなく、高額参加費を支払うことが出来る男性と出会えるというメリットがります。

同様ではありますが、芸能系のパーティーというのもあります。
ただ、一般人が芸能系のパーティーに参加出来るのかというと心配になるかと思います。



パーティーで女性に無視をされたときの対処法

パーティーに参加をした際に、S 級女性には声をかける必要があります。
この場合、多くの男性が悩むポイントがあります。
『無視をされたらどうしよう・・・』

この悩みが出てきてしまうために、声をかけることを恐れてしまいます。
すると、無視をされないようにするためには、どのような声のかけ方をしたらいいのだろうという解決策を見つけようとして悩むという負の循環に陥ります。

この問題を根本から解決するテクニックをお話します。
人間というのはピンチになってしまうと、目の前にある問題を解決しようとします。

今問題になっているのは、
・無視をされた時の対処方法
・何と言って声をかけたらいいのかわからない

という2 つのポイントです。

つまり、「何と言って声をかけたらいいのか」というポイントに多くの男性は重点を置いてしまい、根本の問題を解決しようとしません。
もし、どんな方法でもいいのですが、とにかく声をかけた場合に、
無視をされたとしても笑いに転換させる対処法
というのがあれば、何も恐れることはありません。

声をかける方法というのは、実は無限大にあるといえます。
一般的なテクニックで言えば、
・洋服や持ち物を褒める
・周囲の状況を利用する
・尋ね事をする
・乾杯をする
などがあります。

しかし、パーティーで声をかけるというのは、ナンパとは違い、
「女性がお金を払って遊びに来ている」
という状況です。

女性もきちんとした目的を持ってパーティーに参加をしています。
彼氏候補を見つけるためであったり、異性の友人を見つけるためであったり。

ですから、男性から声を掛けられた場合には、何がしかの反応をします。
実際に声をかけなければ接点を作ることは出来ません。
例えどんな声のかけ方をしたとしても、その後の対処方法がわかっていれば、何も恐れる必要がありません。
あなたが声をかけ、無視をされたとしても、その対処方法が分かれば、無視をされることすら気にならなくなります。

むしろ、無視されることで女性を引き付けるチャンスが出来てしまいます。
基本的に、『S 級女性』を相手にする場合、あなた自身が『S 級女性』を口説ける心理状態になっていなければ、相手を上に位置付けして上下関係を勝手に作ってしまいます。

これが、声をかける際の恐怖を招き、せっかく参加したパーティーで『S 級女性』との接点を作ることが出来ずに終わってしまいます。

まず、基本的な方法として、
全体をギャグとして捉える
ということを行います。
パーティーで声をかけ、話が出来る状況を作るためには、相手を「クスッ」とでもいいので笑わせることがポイントです。
感違いしがちですが、テレビのお笑い芸人のように爆笑をとるということではありません。
ちょっとした笑いで十分です。

例えば、女性の目の前で軽くつまずくとします。
この時、つまずいて軽く転びそうになった姿を見られた女性に目を向け、恥ずかしそうに女性を見ると「クスッ」と笑います。
この程度の笑いです。
一発ギャグで大笑いを取らなければいけないという程のものではありません。
更に言えば、無視をされるということを逆に利用することが出来ます。
無視されること自体をギャグにする
という方法です。

このテクニックで無視をされても回避することが出来ます。
無視されること自体をギャグにするためのテクニックが2 つあります。
・効果音をつける
・状況説明をする

というテクニックです。
【効果音をつける】というテクニックは、演出の一種です。
よくテレビで「ドッキリ」などを仕掛けた際に、ドッキリ成功の際に流れる、
「テッテレェ~~~~♪」
という効果音があります。

今ではドッキリが成功した際に流れる定番の効果音です。
この他にも、失敗をした際に流れる、
「ファンファンファンファンフォワワワワァ~ン♪」
というような効果音があります。
状況を演出する効果音をつけることで、無視をされたという状況をギャグとして演出をすることが出来ます。

このテクニックでは、演出をするための効果音をつけることで意外性を与え裏切りで笑いを作るという効果を利用しています。
女性が無視をするというのは、何かを壁を作り、あなたとの距離をとるという行動です。
距離をとることで、あなたがどのような人間かを判断しています。

そして、話してもいいかなと思った瞬間に女性が距離を自ら縮めてきます。
そのきっかけを与えるのがクスッという「小さな笑い」です。
女性が無視をし、想定している次の男性の行動というのは、
・諦めてどこかへ行く
・次の言葉をかけてくる

というパターンです。
多くの男性が想定内の行動をとってしまうので、女性に対して笑いを与えることが出来ません。

しかし、効果音をつけるという行動は女性にとっては想定外の行動です。
ですから、意外性のある行動を取られてしまうのでつい笑ってしまいます。

そして、もう一つが『状況説明をする』です。
人間は無視をされるとつい言葉を失ってしまいます。
特に会話が苦手な人程陥りやすくなります。
しかし、状況を説明するということを覚えておけば、自分の目の前に、
言葉にする対象がある
ので、言葉を失うことなく、会話をすることが出来ます。

ただし、状況を説明するとしても、
「あ、僕無視されてる」
という状況説明では効果がありません。
これでは相手はあなたを無視しているので、聞こえなかったことにしてしまえば、ただの独り言になってしまいます。

そこで、
相手を巻き込む
ということを行います。
無視をしている状況を説明し、相手を巻き込むことで絶対に反応をしなければいけない状況を作り出します。
「悪い人だね、人の話を無視するとは(笑)」

相手を巻き込むことで、「悪い人だね」という評価を盛り込みます。
パーティーなどでは周囲に人がいます。
当然ですが、声も聞こえるため、周囲の視線も気になります。

もし、「悪い人だね」という自分を評価される話が他人に聞こえてしまうとどうしても他人からの視線が気になってしまうのが女性です。
すると、どうしてもあなたに対して反応をしなければいけなくなる状況を作り出せてしまいます。
このように相手を巻き込むことで無視されても、逆に利用して相手を惹きつけることが出来ます。

無視をされたとしても、回避の方法を一つ用意をしておけば、無視されることに対して恐怖や不安を感じる必要がなくなります。
パーティーでは、何て声をかけていいのかわからずオドオドしてしまうことが一番の問題です。
声をかけることをしなければ出会いを作ることは出来ません。
特に相手がA 級以上であればチャンスです。
失敗をした時の回避方法があるので、後は声をかけるだけです。

先程いくつか声をかける時の方法を簡単にお話しましたが、もう一つ有効な声のかけ方があります。

それは、【 イタズラ心を使う 】です。
ちょっとした子供がするイタズラを利用します。

例えば・・・
料理が用意されている際に、バイキングのようにお皿に料理を取っているのであれば、
「これ美味しいよ。これも美味しいよ」
とどんどんお皿にのせていきます。

軽い冗談のようにのせていると、
「ちょっとやめてよ(笑)」
という反応が返ってくるので、ここでクスッという笑いが入っています。
イタズラ心で笑いと話のきっかけは簡単に作れます。




イベントコンパニオン、アイドル、タレント、芸能関係の女の子と出会いを作る方法

一般的に考えてみて下さい。
普通のサラリーマンやフリーターの生活をしている中で、芸能人と知り合い仲良くなるということは100%不可能であると言っても過言ではありません。
何故なら接点がないからです。

ただし、例外もあります。
昔から仲の良かった親友が芸能人になり、親友を通じて友達飲み会を開催し、そこから芸能人とのつながりを作るという方法です。

しかし、この方法も非現実的な方法でしかありません。
では、芸能関係の人との出会いをどのように作るのかを具体的にお話をしていきます。
初めに、本人が直接芸能活動をしている人をターゲットとしたいと考えた際には、絶対に本人にアプローチをしても100%失敗をします。
基本的にはMIXI やブログなどのネットから関係作りを行うのですが、芸能活動をしている人にとっては、MIXI やブログというのは、ファンの人達との「交流の場」でしかありません。

プライベートの本人ではなく、芸能活動をしている顔です。
ですから、どんなにその入口からアプローチをしたとしてもファンの一人が一生懸命会いたがっているとしか見られません。

更に言えば、ネットなどから直接本人にアプローチをしても100%会うことが出来ない理由があります。
それは、「ストーカー」という点です。
この言い方は少し過激ではありますが、有名であればある程、熱狂的なファンになる方も出てきます。

例えば、イベントコンパニオンレベルでさえも、カメコ(カメラ小僧)と言われるファンがいます。
彼らにも彼らのルールがあり、被写体となるイベントコンパニオンの女性には手を出そうとはしませんが、中には情報を集めてストーカーまがいな行動をとる場合もあります。
彼女達は、自分を守るために多少なりとも疑いの目で見ています。
ですから、例えあなたがごく普通の常識ある人間であったとしても、容易に芸能活動をしている本人と直接会えるというストーリーを作ることが出来ません。

芸能活動のようなことを少しでも行い、ネットで公開をしている女性は、全て対象となります。
地下アイドルや、読者モデルレベルでも、本人には活動をしているという意識が絶対にあります。
人によっては少しお高く止まっていたりするので、相当のメリットを与えない限りこちらからのアクションには芸能系の人としての対応をします。

ですから、ブログでもプライベートではなく、芸名等で活動をしている女性に関しては絶対に直接アプローチをしないで下さい。

ステップを踏んだアプローチの仕方を行っていきます。
しかし、芸能関係の女性を第一ターゲットにすること自体は間違いではありません。
というのも、『S 級女性にはS 級女性が集まる』という特性があるからです。
まず、A 級以上の女性を探すという方法は、明るい光を見つけてそこに集まっている『S級女性』をターゲットにする
という戦略を用いてS 級女性との接点を見つけていきます。

この戦略はネットでは有効な戦略となります。
流石に有名どころの芸能人は無理となりますが、MIXI では沢山の芸能活動を行っているS 級女性を見つけることが出来ます。

方法としては、
コミュニティ
です。

イベントコンパニオンを探したいと思ったら・・・
検索 【 イベントコンパニオン 】
タレント・アイドルを探したいと思ったら・・・
検索 【 タレント 】 【 アイドル 】
などと検索を行えばいろいろなコミュニティを見つけることが出来ます。
もちろん、今人気である【 読者モデル 】で検索を行えば直ぐに見つけることが出来ます。

この検索で見つけたコミュニティに登録をしている女性たちをチェックします。
すると、やはりあなたが狙いたいと思うA 級以上の女性が登録をしています。
もちろん、彼女たちと出会いたいと思うかも知れません。

しかし、ここでは直接彼女達を狙うことを行いません。
A 級以上のターゲットが決まったら、次の検索を行います。

マイミクのチェック
です。
ここからあなたが接触を取るターゲットを見つけていきます。
一人のA 級以上を見つけることで、数名のS 級女性達との接点を見つけることが出来る方法です。
この戦略はネットであるから出来る方法です。
もし、リアルでS 級女性を見つけようとする場合のコツは、
友人を繋げていく
という方法です

これは実際にはネットでも同じことを行っています。
ただ、実現のハードルが低いか高いかの違いだけです。
ネットであれば、当然クリックをするだけで繋がりを伝って友人を見つけることが出来ます。

しかし、リアルではそうはいきません。
実際にコミュニケーションを行い、友人を呼ぶ飲み会などを開催して、人脈を作るという作業が必要になります。
時間と労力が必要にはなりますが、リアルとネットでの出会いのメリット・デメリットは次のようになります。

ネットとリアルのメリットとデメリットを比較
という違いが出てきます。
リアルで人脈を作る場合は、直接対面で話をするため、あなたがどんな人間なのかを実際に体験してもらうことが出来ます。
逆にネットでは、デジタルなやり取りでしかないので、接触頻度を増やして信頼関係を作るという作業が必要になります。

話を戻します。
『マイミク』をターゲットにする理由は、
マイミクと仲良くなり、本命へのステップにする
ということです。

ここで大切なのはS 級へのつながりを作るということです。
初めに『マイミク』をターゲットにする理由は先を見越した戦略でもあるということを覚えておいて下さい。
ここで重要になるのが、
ターゲットとの関係
です。

この関係性を調べる方法としては、
友人からの紹介文
です。

まず、この紹介文が書かれているかどうかがファーストステップになります。
仲のいい友人であれば紹介分を書いてくれます。
次に、書かれている内容がセカンドステップになります。
ターゲットとの関係がどんな関係なのかが書かれています。

ポイントとなるのが、
【 普段からよく会っているかどうか 】
です。
一番多いのが、
『 高校野同級生 』『 大切なマイミクさん 』
などです。

これでは関係性が薄いのでなかなか出会うことが出来ません。
ネットであれば、
・どんな友人がいるのか?
・友人とはどんな関係なのか?

などの普段では目に見ることが出来ない距離感を、第三者的な視点からチェックをすることが出来ます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ