女性は男らしさに弱い!LINEを使って男らしい印象を与える方法

女性は優越感が大好きです。
他の女性と比べて自分が劣っていると感じると非常に落ち込みますし、逆に言うと自分の方が他の女性よりも勝っていると感じれば幸せを感じるのです。
それは、彼氏でも彼女でも同様です。

本来なら、女性を回りの友人に紹介するというのは彼氏がすることですが、そこを敢えてしてしまいましょう。
「今度さ、俺が友達と飲んでるとき、来ない?」
こう送信しましょう。
敢えて紹介したいという事場をここで使う必要はありません。

彼女から「なんで?」という問いが届いて始めたら、「いや友達に紹介したくてさ!」と一言LINEを送って下さい。
少し大胆に感じてしまうかもしれませんが、このくらい大胆なほうが女性は男らしさを感じます。

今回何度も書かせていただいて居ますが、女性というのは男らしさに弱いものです。
彼氏が彼女にするような男らしいことを、思い浮かべてみましょう。
それを彼女に体感してもらうことで“錯覚”させることが出来ます。



LINEと電話を使って頼れる男性を演じる方法

頭の中をLINEのメッセージから少し切り離しましょう。
女性はLINEが大好きなのは確かです。
確かですが、悩んでいるときは別です。

女性がLINEよりも好きなものが“会話”です。
彼女から仕事やプライベートでの事をLINEで相談されたときには、彼女にこんなLINEを送ってあげましょう。
今、電話してもいいかな?
これだけ、送信して下さい。
そして、彼女にLINEで電話してあげましょう。

この時は、彼女の話を聞くことだけに集中して下さい。
極端な話、“そっか”“うん、”という相槌だけでも構いません。
ただし、どう思う?と彼女から意見を求められることもありますので、その時はしっかり対応が出来るように、ただ単に相槌を打っていただけだと彼女が感じてしまったら全て意味がないものになってしまいます。
彼女の話は一言一句聞き逃さないようにしてくださいね。
そして、全てにおいて賛同しないこと。

本当にあなたが正しいと賛同できることや、まぁ一歩譲ってもいいかな?というような彼女の意見は全て賛同して構いません。
しかし、あなたがどうしても賛同できない事は「それは違うんじゃないかな?」と一言言ってあげることも大切です。

この使い分けをすることで、相手に与える印象が“優しいけどしっかりしている男性”へと変わります。
相手がこのような印象を受けるという事は、相手の中であなたの印象が“私を支えてくれるかも”という考え方になるという事です。

女性は優しさと厳しさを与えてくれる男性に弱いものです。
文字だけで、あなたが優しさと厳しさを持ち合わせているという印象を植え付けることは困難です。
ですから、女性が何か悩んでいたり困っていることがあれば彼女に一言声を掛けてLINEのメッセージからLINEの電話に変えて話を聞いてあげる行為で優しさを、納得のいかないものに関してはきちんとあなたの意見をいう事で“頼れる”感覚になりますので挑戦して下さいね。

ただし何でもやりすぎはよくありません。
頼れるしっかり者を演じたい余りに、彼女の意見につい否定的になってしまったり何かあるたびに電話していい?と聞いてしまうと「この人、何か面倒だな」という印象を与えてしまうので意識して下さいね。
彼女が本当に悩んでいたり疲れていたりといった、ここぞという時に送ることで、彼女の中で何かあったらあなたに話したい!聞いて欲しいという感情が生まれ、徐々に傍にいてほしいと感じるようになります。




擬音語を使って3秒以内に返信を貰う方法

いきなりLINEのやりとりを返信をどうしても貰いたい時・・・
こういったときに相手に感じさせないといけないのは「疑問」です。
「この○○めっちゃ笑えない?」
このようなLINEを送信しましょう。

写真添付して・・・といいたいところですが、ここで写真を貼るのは止めましょう。それでは、ただのインパクトのあるLINEになってしまいます。
明らかに写真の貼ってあるような内容のLINEのメッセージなのに、開いてみると何も添付されていない・・・
「そんなに楽しい写真って、どんな写真なんだろう?いつ送られてくるんだろう」
気になって思わず返信してしまいます。

そして、私が使っている荒業ともいえるテクニックですが・・・
擬音のみのLINEです。
ただし、上で書いたLINEにも今から紹介する擬音LINEメッセージにも共通して言えることですが、多様禁物です。
多用してしまうと、「また来たよ・・・」と感じられて、普通のLINEさえ返信が滞ってしまいますので、その点には注意して下さいね。

それでは、荒業擬音LINEですが「ぐわわわ・・・」「ぐぬぬ・・・」これだけです。
え?これだけ?と思ったかもしれませんが、この擬音のLINE使えるのが最低でも3ヶ月に1回です。
擬音のLINEは必ず返信がきます。
「え?どうしたの?笑」
と彼女からこんなLINEの返信が届いたら、
「○○○ちゃん元気かな?って笑」と返信しましょう。

面白い!!といった印象を受けてくれますし、そこから彼女の好む話題を提供してあげればLINEが止まってしまうこともありません。
相手にインパクトを与えてLINEの返信をもらうというのが、目的ならこの荒業使ってみて下さい。
ただし、彼女の好みや趣味を徹底的にリサーチをしてから送ることをオススメします。
先ほども書きましたが、返信はもらえてもそこからあなたが女性に提供する話題次第ではLINEのやりとりがすぐ終わってしまう可能性もあるのでしっかりと下準備をしてから送信しましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ