LINEを使って恋愛関係を構築していく方法

女性とのLINEのID交換は案外、簡単に行く場合もあります。
でも、肝心のその後が、続かない・・・という方が本当に沢山いらっしゃいます。

では、いったいどんなメッセージを送れば、女性からすぐ返信が来るのかをお話します。
例えば、合コンでメアド交換をした女性に送る場合で、相手に脈があるかないか、まだ分からない時には「今日は、ありがとね」とこの一文だけ送って下さい。
なぜなら、メアド交換のその日のうちに、「また遊ぼうね」「次いつ会える?」など、次の誘い文句は、絶対NGなのです。
そして、このメッセージは、特に返信がなくても構わないものです。
あなたの「会えてよかった」「ありがとう」という気持ちが伝われば、それでいいのです。

最初は、極力シンプルな文章を選ぶことをおススメします。
なぜなら、言葉足らず位の方が、女性の中で、妄想が働きやすくなるからです。
例えば、「ありがとう」と言われた言葉に対し、「何がありがとう?」という疑問が浮かぶからです。
女性から、「なんで?」と返信が来れば「メアド交換してくれて。会えてよかった」と返しておいて下さい。
とにかく、「会えてよかった」という「ありがとう」という気持ちを一言だけで伝えるのです。

さて、初対面で最初に相手に送るメッセージについてはいいですね。

では次に、初対面の女性から「信頼」を勝ち取るのです。
この信頼を勝ち取ることができなければ、相手の女性と仲を深めることができません。
もちろん、友人関係ですらなれないのです。

では説明していきますね。

単純接触効果
「ザイアンスの法則」をご存じでしょうか?「単純接触効果」とも呼ばれています。
これは具体例でイメージした方がわかりやすいので、喩え話でお伝えしますね。

ある女性に対し2人の男性がアプローチしました。
100本のバラの花束を渡して、1日中一緒にデートをしたAさん。
毎日1本のバラをプレゼントして100日間1日5分ずつ話をしたBさん。

女性はAさんとBさん、どちらに好感を持ったでしょうか?
答えはBさんなんですよね。
一緒にいた時間に換算すれば、Bさんは5分×100日=500分≒約8時間となり、Aさんの方が長い時間を過ごしています。
しかしながら、人間の心理としては少しずつでもいいので、接触回数の多い相手に好感を持つようにできているのです。遠距離恋愛がうまくいかないのは、このような心理作用が影響しているようです。

つまり、単純に接触(実際に会わなくてもOK)回数を多く持とうというのがこのステップです!

単純接触をするのに必須ツールとしてLINEを使っていきましょう。
あなたが普段どんなLINEをしているかはわかりませんが、相手に送るLINEについては、以下の点に必ず注意してください。
1.スタンプを必ず入れる
2.できるだけ1行以内におさめる
3.1通に1回は相手の名前を入れる
4.1日のやりとりで1つは相手への質問を入れる


これを守ることに加えて、相手の返信を判断したうえで、その後のLINEの形式を変えます。
相手のLINEの形式に合わせます。
例えば、スタンプが多ければスタンプを多用する。シンプルなLINEであれば、こちらもシンプルに返す、といった具合です。

なぜ、このようなやり方をするのかと言えば、心理学で『ミラーリング』というテクニックがあります。
これは、相手の表情、しぐさ、言葉遣いを真似ることにより、相手から好感を持ってもらうことができるというものです。
それをLINEにも当てはめると、相手のLINEと近い形式の内容を送った方が、相手により好印象を持ってもらえるのです。
LINEでのやりとりは極めて重要ですので、まずはこのLINEテクニックをマスターしてください。


LINEを使って親近感を持ってもらう方法

実際に会う期間ではありませんが、精神的な距離を縮めて、相手に「親近感」を持ってもらうことが可能です。
前述した「共通項」を多く見つける延長戦のようなものだととらえてください。 生活の中でLINEのやりとりをしていると、普通は日常的な話題が登場します。
あなたが普段LINEをする時もそうでしょう。

その話題の中から、より相手に親近感を感じてもらえる話題をセレクトしていきます。
例えば、相手が電車通勤だとわかっていれば、通勤電車内で思うことを送ってもよいでしょう。
相手が仕事をつまらないと感じていれば、仕事の悩みを送ってもよいでしょう。
あなたから共通項を見出していくのです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ