LINEを使って女の子とどんどん仲良くなる方法

LINEは、常にあなたが先に出すようにしましょう。
「先手」をとり続けます。
つまり、相手より自分が先にLINEを出し続けるのです。

なぜなら、「お姫様効果」が働くからです。お姫様効果とは、チヤホヤされて女性は悪い気はせず、嬉しいと感じる効果のことです。深層心理で、いつでも女性は少しだけ特別扱いされたいし、大事にされたいのです。

その“特別扱いされたい欲’をくすぐるのが、この先手攻撃です。
相手が連絡をする前にあなたからのLINEが来ることにより、「も~、またLINE来たわ。」と思いながら、実は嬉しいのです。
男性から興味を持たれているという感覚を味あわせてあげることが大切なのです。
ずっとこの先手攻撃を続けるわけではありませんので、この期間だけは先手、先手でLINEを出すようにしてください!

しかし、ここでは注意が必要です。
それは相手とのやりとりをし始めて最初の1週間だけにしてください。
その後は、相手からのLINEに応えていくようなスタンスをとっていってください。

どういうことかというと、1週間という期間で相手に特別扱いされたい欲をくすぐった後に、相手のスタンスに合わせると相手は心地の良い状態のまま自然とやりとりをしていくことになり、あなた任せにLINEをしていくことになるからです。
つまり、そうすることによって、あなたは主導権を握ることになります。



毎日決まった時間にLINEのやりとりをして相手の心に入っていく方法

LINEのやりとりを「日常生活化」してください。
「何だそれ?」と思われるかもしれませんが、相手の心に入っていくには、日常生活化が最も効果的なのです。

日常生活化するのに何をすればよいのかは非常に簡単です。
毎日、決まった時間(タイミング)にLINEを打ってください。
ただ、それだけです。

例えば、
1)毎日、仕事が終わったら必ずLINEを送る。1通は毎日メールを送る
2)朝電車に乗ったタイミングでLINEを送る。そして、仕事帰りにまた電車に乗ったらメールを送る。計2通は毎日LINEを送る。
3)朝起きたらLINEを送る。お昼休みにLINEを送り、寝る前にLINEを送る。
計3通は毎日LINEを送る。
こんなパターンで十分です。

相手のLINE文量等も勘案して、LINEを送るタイミングを決めます。
決めたら、毎日決めた時間にLINEを送ることを、自分との約束として守ってください。
この日常生活化は、ボディーブローのように、相手に次第に効いていきます。

【例】
「おはよう。今日も一日頑張ろうね。(←。の所には顔文字や絵文字を入れる)」
「今からお昼。(←写真付きで送る)」「仕事終わった。今日も疲れたー。」
「今日も寒いねー。」「今からお風呂。」「○○は何してた?」
このようにLINEのやりとりを日常化し、さらにLINEの内容を日常生活に関するものになると、相手はあなたとのLINEのやりとりが当たり前になっていきます。
例えば、ずっと日常的にやりとりをしていたのに、突然やりとりがなくなると「いつもはLINEのやりとりをしているのに最近ないな、どうしたんだろう」と気になってしまうのです。
もし、毎日LINEがきていたら、一日でもないと「あれ?」と思いますし、三日間もないとさらに「あれ?」と思うものです


LINEで仲良くなった相手とリアルで会うための布石

まず、あなた自身に軽い「悩み」を1つ作ってください。
仕事や人間関係や趣味の悩みなどが最適ですね。
相手に聞いてもらった時に、相手の気分も滅入ってしまうような思い悩みは絶対に避けてくださいね!
これは相手と接触しやすくするための口実です。
悩みの相談を1つの接触材料にするのです。

これまでの流れがしっかりできていれば、相手もあなたに少なからず興味を持っていますし、特別扱いしてくれる異性の悩みがどんなものであるのか聞いてみたいと感じるはずなのです。
そこでどんなアドバイスをもらっても解決に近づくような軽い悩みを1つ作っておいてください。

注意点としては、作り話は厳禁です。
話を進めるにつれて、リアリティのない悩みはボロがでます。
どんなに軽くてもかまいませんので、実際に悩んでいること、迷っていることをあえて作ってください!
例えば、想っている相手が特定されない程度の恋愛相談、相手が興味を持っていそうな分野での相談です。
つまり、相手が応えられる範囲での話題に関する相談ということになります。



女の子にあなたからのLINEがほしいと思わせる方法

ある程度LINEのやりとりが「日常生活化」してきたら、ここで一度あなたからの連絡を途絶えさせましょう。
いわゆる「駆け引き」というものです。
人間の心理上、当たり前のものが当たり前でなくなると、ついつい気になるものなのです。
特に異性とのやりとりはそれが顕著に出ます。

今まで軽く押し続けてきたので、ここでちょっと引いてみます。
1日だと「たまたまかな?」と思われて終わってしまうので、最低3日~5日くらい途絶えさせると効果的です。
うまくハマれば、相手の方からアプローチがあるはずです。
つまり、わざとあなた側から相手への返信を遅くすることで、女性があなたのLINEを待つように仕向けたりとか、あるいは、それまで毎日何往復もLINEをしていた関係だったところで、突然あなたから連絡をするのをぷっつりやめてみるという行為をすることです。

それによって、相手を「あれ?返信突然なくなったけど、なんか変な事言っちゃったのかな」などと不安にさせてみるのです。
駆け引きなので、あなたがたとえその相手とたくさんLINEをしたいと思っていたとしても、あえて音信不通になってみたり、LINEの返事を遅くしたりっていうテクニックが大事になってくるわけです。

例えば、あなたが女性とものすごく盛り上がっているLINEをしているとします。
その時に、メチャクチャ楽しい内容でLINEをしていたにもかかわらず、自分から突然LINEを返さなくします。

すると、今までのLINEをしていた環境とがらりと変わった文面でLINEを送られると相手はあなたのことが気になって行きます。
「あ、私なんかこの人を怒らせるようなこと言ってしまったのかな」とか「あ、なんかマズイことしたかも」とか不安になっていくのです。

これは、ここで終わってしまうとただ相手を不安にさせてしまうのですが、その後「あ~、なんかマズイこときっと言ってしまったんだろうな。だから返信がこなかったんだろうな」って思っているとします。

すると、突然自分から「ごめん、ごめん、返信遅れた~」などとLINEを送ることで、ただLINEが来るよりもすごくうれしくなったりするのです。

このように、あなたが女性にLINEを送る時に、そのメールの価値を高めるために、あえてこのような普段とのギャップが必要になってくるわけです。
そうすることで、相手の方から「あぁ、○○さんからLINEが欲しい。早くLINEをしてきてほしい」っていう気持ちを出してきてくれるようになるので、普通にLINEしているよりも、ものすごく女性を喜ばせ、うれしいという感情にさせることができます。



サブコンテンツ

このページの先頭へ