ホストが使っている女を口説き落とすテクニックとは?

 ここではホストのテクニックを中心に口説きのテクニックをいろいろ伝えます。
しかし、これらはあくまでもテクニック、ノウハウですので、今までで話をした下準備や環境設定ができてはじめて有効なものと考えて下さい。

あなたの彼女は男?それとも女?
あなたが彼女にしたいと思っている子は、男ですか?それとも女ですか?

「女に決まっているだろう。俺はホモじゃねえんだ。」と思うかもしれませんが、もちろん、生物学的な実際にいつも使う言葉の意味での男女ではありません。

女性のタイプを分ける場合に、キャリアウーマン系、お嬢様系、・・・のように分けたり、いろんなタイプ分けをして、そのタイプにあわせて攻略法を考えたりしますね。

そのタイプ分けのひとつに、
男タイプの女性なのか?
女タイプの女性なのか?

ここで言う男か女かと言うのは、見た目や態度が男っぽいとか女性らしいとか、そんな意味ではありません。
たとえば、蛯原友里(エビちゃん)
彼女は男か女か?

とても女性らしいかわいい彼女ですが、私は、彼女は男タイプではないかと思います。
(正解かどうかはわかりません。付き合ったことがないので。あたりまえだね。笑) 

エビちゃんのどこが男なんじゃあ!ゴルァ!(怒)とファンから怒られそうですが、一般論として、芸能人、キャバ嬢、美人は男タイプがほとんどであるように思います。
タレントの北野誠があるラジオ番組でこんなことを言っていました。

芸能人同士の結婚なんて上手く行かなくてあたりまえなんだ。
芸能人というのはどんなにかわいい女の子もみんな性格は男なんだ。
男に寄り添って男に尽くしてという女じゃなくて自分が前に出たい男みたいな性格だから芸能人になりたいんだ。だから芸能人同士の結婚は男が男と結婚するようなもの。
上手くいかなくてあたりまえだ。

およそ、このようなことを言っていたと思う。

この北野誠の見解が正しいのかそうでないのかは別にして、私が男、女と表現をしたのも、北野誠と同じく、昔ながらの、男はこう。女はこう。のような少々男尊女卑に聞こえるかもしれない価値判断の元タイプ分けした際の考え方です。

身体を張って頑張って仕事をしているキャバ嬢は男タイプが多い。
そうでなければなかなか続かない。
キャバ嬢はいろんな男から口説かれたりもしますので、知識も豊富(広く浅くですが)それを自分の経験のように自慢げに思っている子も多い。
これも男タイプの典型ですね。

美人は男から口説かれる事も多い。キャバ嬢のような意味で男タイプになる場合もあるし、自己表現をしたいという願望が強く、北野誠が言うような理由から男タイプとも言える。いずれにしても男タイプである場合が多い。 



男タイプか女タイプか見分ける方法

たとえば、こんなチェック方法もある。
誰か別の女性の話をしたときにどんな反応をするか?

たとえば、私の場合、妻がいますので、妻とデートして楽しかった話を女友達にすると、優しいね。と私を褒めてくれる子。
いいな。奥さん。と妻に視点がいく子。

基本的に私を褒める。つまり男を褒める視点を持つ子は男タイプが多い。
同姓である妻に視点が行く子は女タイプである事が多い。


余談ですが、・・・・
妻の話をすると、ムッとして、「ああ、そう。」とそっけない反応をする子がいるのですが、これは、「私のようないい女」と一緒にいる時に他の女の話をするな。(これ男タイプ)
と単純に怒っているだけ?
それとも・・・・脈あり?(汗)

そのままテレビに出ても他の芸能人たちと見劣りしないだろうと思うくらい美人です。
妻がいなかったら・・・・きっと。(大汗)

余談はともかく、およそ男タイプ女タイプについての考え方は理解頂けましたか?




女性のタイプに合わせた男を演じる方法

その上で、知っておいて下さい。
男タイプの女性は、父親のように(実際に彼女の父親がどうかは別にして)自分をビシッと叱ってくれるような力強い男を求めている場合が多い。

そうして、ホストクラブのお客の女性たちは今は男タイプが多いので、バブル期(1990年代初頭)のような奥様方を相手にするような品の良いホストは、 今は少なく、と言うかほとんど存在せず、たいていはオラオラ系です。

上から偉そうに、
「おい。友里。今日は○○(ホスト仲間)の誕生日なんだ。シャンパン入れろよ!」
と呼び捨てプラス命令口調。これが意外と効くのです。男タイプの女性には。
(モテない人がいきなり使っても駄目です)

あるホストは、こんなことをしたそうです。

上記のようにある女性に偉そうに命令したホスト君に向かって、そのホスト君に気のないあるお客が、
「何?その偉そうな態度。ちょっと聞いてよ。この前もね、みんなで飲みに行った帰り。車で帰って来て○○(偉そうにしたホストの名前)と○○の彼女が後ろの席に乗ったのね。そうしたら、私たちが前に乗ってるのに、いきなり彼女に『おい。キスしろ』 って、 馬鹿じゃない?こいつ。」
だそうです。(呆)

城咲仁が女性の口説き方を話をする場合、通常の恋愛マニュアルにあるような女性を大切にして・・・・のような話をしますし、ホストの書いたマニュアルなどもそんな記述が多いのですが、そうして、もちろん、男タイプの女性を女性として大切にしてあげる場合は、そうゆう事もホストはするのですが、最初の口説き方は、このように、あらかじめ作られたホストというブランドも利用して、自分を女性よりも高い位置に「環境設定」しておいて、上から下に向かって話をするようにオラオラ系で勝負をかける。 

「お前など数いる女たちの一人にすぎない」「大事にされたきゃ金を出せ」
と言うことを暗示していくのです。

この会話をそのままあなたが使うのは無理がありますが、相手の女性が美人だからといって、媚びるように下手に出ていると決して口説けない。
そんな場合が多い事も理解しておいて下さい。

また、女性は彼氏には特別な存在として認めて欲しい。
ですので、このようなホストも誰に対しても同じ態度をとるわけではないです。

たとえばターゲットの女性には先ほどのようなオラオラだったとしても、一緒に他の女性がいれば、逆に名前くらいは呼び捨てにしてもターゲットに対するほどオラオラぶりを発揮しない。メリハリはちゃんと付ける。距離感も変える。

そうする事で、ターゲットの女性だけを特別視する。
そうしてターゲットの女性と2人の時は、男タイプのターゲットの女を引き出せたと思えば、急に優しくもする。この落差がいっそう優しさを際立たせる。

あるいは、今までオラオラの上から物を言っていたホストが、
「今月売り上げがイマイチなんだ。友里。たのむわ。」
と、弱みを見せて母性本能をくすぐる。
もちろん、そんな弱みを見せるのはその女性に対してだけとアピールしてね。
この落差にも弱いようですね。女性は。母性本能もあるし、もともと男タイプだから、 (姉御肌ということでもある場合が多い)自分が助けてやらないと。と思ってくれるそうです。

このような落差、あるいは距離感、ふつうの男女関係でも使える部分は多いでしょう?
くれぐれもモテない人がいきなり形だけを真似しないように。

大事な事は、相手の女性が美人だからと、引け目を感じていたり、下手に出ていたりするばかりでは決して口説けない。 

時には相手のことを思った上で、良くないと思う事があれば、ビシッと叱るくらいの勇気をもって接したほうが美人を口説ける確率が上がる事が多いことを理解して下さい。

また、ホストの無謀なオラオラにも、実はちゃんと今までにあなたに伝えた、営業手法、環境設定などが巧みに取り入れられていることに気付いて下さい。

女性は特別な存在でありたい。大事にされたい。
これは、どんな恋愛本にも書かれていることですので、みなさんご存知かと思います。

先の女タイプの女性はとにかく「あなたにとって特別な存在であること」「大事な存在であること」をアピールすることは有効です。あくまでもさりげなく。

男タイプの女性ももちろん、これは共通して言えることです。
普段男タイプだからこそ、それをわかった上で、厳しく接して、その上で、充分な愛情をそそぐ。それが有効な場合が多いです。
厳しくするのはあなたに対してだけ。あなたのことを思っての行動。それを伝える。

「俺だって嫌われたくないからこんなことを言いたくないけど、友里だから言うんだ」
のようにね。

また、姉御肌の女性に対しては、彼女の女友達が同席している時には、オラオラはやめたほうが良いでしょう。
逆に、彼女の女友達の前では、姉御に忠実な、姉御の魅力に参っている、情けない男を演じるくらいのほうが喜ばれる場合が多いです。
そうして、その演出があなたの男としての器の大きさとして、彼女に好印象を与える場合も多いですので、ご注意下さい。

彼女の友達の前でも、自慢げに彼女に対してのオラオラぶりを発揮しないほうが、 良い場合が多いという事も知っておいて下さい。




YESといわせるためにNOの可能性をつぶす

営業の手法であり、ホストもこの手は良く使うのですが、自分の目的に対して、女性が最終的にNoと言えないように、あらかじめNoという原因や要因をつぶしておきます。
これが一般的に外堀を埋めるという事です。

たとえば門限のある女性を夜中まで引っ張りたい場合、3時までやっている店というテスクロをかけた際に、必ず門限という言い訳でNoが出る事が予測されますね。

ですので、何も関係ない会話の時に、Noと言えない理由を言わせておきます。
たとえば、
友里ちゃん、門限厳しいから友達と旅行にも行けないね。

そこで、彼女から、女友達とだったら許してくれるから。と言えば、女友達と外泊をするという口実であなたとお泊りできる可能性も拾えます。

あるいは、友里ちゃん、そろそろ帰らないと門限に遅れるよ。
でも、これだけ門限厳しいと彼氏できても彼の家に泊まる事もできないね。

これで、その時は・・・・のように返事があれば、あなたからの誘いも門限を理由に断りにくくなりますね。
ただし、上記の2例は、どちらも否定的な質問になっていますね。 

これは営業では「ネガ振り」と言って、ネガティブな問いかけをする事はご法度です。
ですので、上記よりもやや高度にはなりますが、肯定的に、つぶしたほうが効果は高い。
門限厳しいけど女同士での旅行とかなら、さすがに許してくれるよね?のようにです。

本来「門限が厳しい」と口にするのもネガ振りですが、男女間、特にこれから彼氏・彼女の関係になろうとする場合は、女性を大切にしてあげる意味からもある程度はやむをえないでしょう。

このように、どこかへ誘う。彼女にしようとする。自宅に誘う。
そんな目的がある場合は、事前にその誘いをした場合に彼女から出てくるであろうと思われるNoに対して、使えないようにつぶしておくことは大事です。

Noと言われてからつぶしにかかってもよりいっそう難易度が上がるだけです。

ホストがオラオラで攻めるのも、外堀を埋めることとは関係ありませんが、要求をだしてからNoと言いにくい状況にしていると言う意味では同じですね。
「まさか俺に対して嫌とは言わないよな」
と無言のプレッシャーをかけるわけです。

ただし、外堀を埋める際には、次の2点は注意して下さい。

完璧に外堀を埋めてしまわないこと。
営業ではその場が勝負。ホストも相手はお客ですので勝負に出る事がふつう。
ですので、完璧に外堀を埋めて、逃げ場を無くして追い込みますが、あなたは彼女を大切にしようと思っているのでしたら、彼女の気持ちも尊重してあげて、ある程度外堀を埋めても、どこかに逃げ道は残してあげたほうが良いように思います。
 
確実に仕留めたい。とあなたが思うのでしたら話は別ですが、いっぱいいっぱいのところまで彼女を追い詰めるよりも、ひとつくらいは逃げ道があるけれど、それに気付かないフリをしてあなたの要求に乗ってあげようかな?と彼女が思ってくれるほうにかけたほうが良いようにも思います。

その上で、残した逃げ道から彼女が逃げても余裕をもって次の機会。
つまり彼女の気持ちの準備が整うまであせらずに待ってあげて下さい。

女性は軽い女と見られたくないのです。
それはキャバクラ嬢もプライベートでは同じ。普段は仕事として誰にでも媚びを売っていても、プライベートではふつうの女性です。軽い女と見られたくない。大切にして欲しい。そんな女性としての想いは同じ。あせらずに女性を大切にして下さい。

言い訳を作ってあげる。
初めてキスをする。初めて抱き合う。
そんな時には、「あなたの事が好きだから」という理由だけではなく、彼女自身が彼女の中で納得できるような何か言い訳を作ってあげるといいですね。

たとえば、終電に乗り遅れてしまったから。とか、とにかく女性が自分は軽い女じゃないのだ。
という言い訳ができるような事象を用意してあげて下さい。
何かハードルを越える時、女性は自分を納得させる為の言い訳が必要な場合が多い。



彼女の友達を利用して本命にアピールする方法

本来営業などで使う外堀を埋めるという概念とは違うのですが、恋愛の場合、あなたが彼女にしたい女性がいるとして、その女性にアプローチをする場合、 その女性に対して直接アプローチをするよりも、まずその女性の友達にアプローチするほうが有効な場合も多いです。
特にあなたがモテない人であったのならば。

アプローチすると言っても友達のほうを彼女にする。と言う意味ではありません。
本命ではない分、気楽に話ができるでしょうし、本命の女性の友達に対して自分のプラス面が伝われば、その友達経由で本命の女性に伝わる可能性も高い。

これが有効なのです。

あなた自身が、「俺はこんなにいい奴だよ」とアピールするよりも、彼女の友人があなたのことを「彼って意外といい人よ」と言ってくれるほうが、数段彼女の心に響きやすい。
また、この手法は、本命との会話を減らす事で、本命に対する引きのニードにもなります。


サブコンテンツ

このページの先頭へ